A5冬モード

昨日の御在所通勤、久しぶりにA5で。
前日にT尾さんから「山は薄化粧」と聞いていたのと、急遽バイトが入った為そのまま直行となると第二名神を走る事になるかもしれず、ETCの付いていない軽太郎より良いかと思って。
A5もまだ冬タイヤは履いていませんが、4駆なら多少道路に雪があっても安心ですし。
今年も12月に入りぼちぼち車も冬モードに。と言う事で本日タイヤの履き替え。5穴の18inchは重いです。あ~、腰痛っ。
軽もその内換えないといけませんが、街中しか走らないのでまだまだ大丈夫。昨年のように雪無しなら換えなくても良いくらいです。
履き換え後はエアー充填の為GSへ。すっかり草臥れてしまいました。持久力も落ちました。

その御在所、久しぶりにちょっぴり雪の付いた景色を楽しんできました。

元の鞘

20日の日曜日はかみさんの指示でキッチン、ダイニングのワックスがけ。その前にテーブル移動や雑巾がけなど細々とした下準備があります。
一通り綺麗になったところでワックスがけ。
テーブルの場所は2回に分けてやる事になり、この日は半分だけ。
その残り半分と玄関、そしてリビングのサイドボードがあった辺りを本日やりました。
普段使わないものの物置となっていた食器棚をリビングのサイドボードと入れ替えたいのだとか。あ~、面倒臭い!
なんでもTVの位置をそのサイドボードの上に持って行きたいそうです。お米のストックや小物置場となっているワゴンの上にTVが置いてあるのですが、それが見辛いそうです。んなもんどうでも良かろうが。しかしまあ言い出したら聞かないうちのおかみさん、結局男共はその言いなりです。中身が空ならともかく、何れもいっぱい詰まっているので、それらを全て出してしまわなければ移動できません。その手間たるや・・・。中味を出すにも置くにも怒号に近いかみさんの指示が飛びます。幸い船頭さんはひとりなので「船頭多くして船動かず。」とはなりませんが。
先ず家具を移動し空けた床を雑巾がけ、ワックスがけ。ワックスがけは仕事の丁寧な私の役割。その後乾燥を待って家具移動。この時に食器棚とサイドボードを入れ替えます。そしてサイドボードの上にTV。
丁度ワゴンの上が空きました。かみさんはここにプリンタを置いて良いと宣います。お言葉に甘えプリンタ移動。プリンタが居なくなればPC本体も元の位置へ。プリンタ自体も操作し易くなりました。
配線経路の変更に手間取りましたが結局は元の鞘に収まり操作性は向上。
かみさんはかみさんでTVが観易くなったとご満悦。と言っても時計代わりにしか見てないくせに。朝ドラは録画したものをお風呂TVをテーブルに置いて観ているし。
あっ、サイドボードと食器棚の中身、まだ全部収まって無いじゃん。まあ断捨離がてらゆっくり片付けて~。

Ageing

一般的にエイジングと言うと老化を指すのでしょうが、我々元技術屋という人種は製品の劣化を加速させ初期不良を出し切ってしまう事を先に連想してしまいます。およそいろんな機械は、縦軸に不良率をとり横軸に時間(対数軸)を取ると、初めは不良率が高く急に不良率が下がりそれがかなりの時間続きその後徐々にまた上がって行くというカーブをとります。お風呂のバスタブのような形になるのでバスタブカーブと呼ばれています。製品出荷前にこの初期不良を出してしまいそれらを市場に出さないようにする。これをエイジングと呼んでいました。
おかしなものでいつもこのニュアンスでこの言葉を使っていたものですから一般的に使われている筈の老化となかなか結び付きません。
巷では老化防止を謳いアンチエイジングなんて言葉を使ったサプリメントが数多と現れています。
老化に対してエイジングと言う英語表現が一般的に使われるようになってきたということでしょうか。

なんて思いながら近頃は切実に自分自身の老化を感じるようになってきました。こんな筈じゃあなかったのに。
数日前のプリンタ設置後、何故か私の携帯電話だけ自宅のwifiが繋がらなくなっていました。かみさんの携帯電話もS司のもそしてiPadもちゃんと繋がっています。一応電波は拾っているようなので携帯電話から自宅wifiのチャネルを削除して再度パスワード設定しても繋がらず、無効とかIP設定エラーとか表示していました。netで調べても通り一遍の事しか出ておらず、週明けにショップに相談に行こうかと思っていました。
そして日曜午後、かみさんがS司にお勧めの映画を見せようと新しいTVにプレステを繋ぐように指示。(プレステのDVDで映画が見れます。)S司がTVを自宅wifi経由でプレステに繋ごうとしているのに繋がりません。それを横で見ていて、「wifiルータを初期化したら?」と口出ししてしまいました。
案の定それでOK。翻って自分の携帯電話の事を思い出します。立ち上げてみるとちゃんとwifiが繋がっています。
なんだルーターがおかしかったのか。
どうやらDHCPが上手く機能していなかったような・・・。
普通なら最初に思いつく事ですが、他の機器が繋がってるんだからルータはおかしくないとの思い込みがあったのは否めません。人の事なら割と冷静に見られて自分の事だと焦ってしまう。心のどこかに自分自身の能力低下を感じながら、それをひた隠しにしている自分に気付きます。ああこれこそが精神の老化なんだろうな。

そして昨日帰宅後、町から5回目ワクチン接種券が届いていました。早々とファイザー製BA4/5対応です。
指定日が水曜なので発熱等を考慮して日時変更依頼を本日、町のコールセンターへ。その週の土曜日朝一に変えてもらいました。
通知を見ていると4回目は8月でした。前回がいつだったか、それが何回目だったか、それすら覚えていませんでした。12月なら4ヶ月後だから3ヶ月以上空いています。
こんな細々とした事も記憶から抜け落ちている。やはりおつむの老化は否めません。
若い頃は打合せでもメモなんてとった事無かったのになあ。それがメモを取らなければならなくなり、今ではつい今しがたのかみさんからの掃除の指示も忘れがち。
Ageingは誰にとっても避ける事はできないんですね。

P.S.
ここ数日、携帯電話の立上げに不自由しています。
指紋認証で立ち上がるようにしてあるのですが、その認証に規定回数以上失敗し結局パスワード入力して立上げています。
別の指も登録するか? なんて思いながら自分の指を見ると・・・、なんと凄い荒れよう。ささくれ立ったバリだらけです。
原因はこれか。これじゃあ別の指を登録してもバリの出方はしょっちゅう変わりますから認識出来ないでしょう。
肌荒れクリームで毛羽立たないようにするしかありません。これも老化の所為。困ったものです。

Ageingと老化のニュアンスの違いでひとつ気付きました。
Ageingは単に時を重ねるというニュアンスですが、老化は老いて衰えて行くイメージを連想します。
冒頭の初期不良を振るい落とす為に稼動時間をかけるのは単に時を重ねさせるだけ。衰えさせるのとは違います。こんな所に私の感覚の違和感の元があったように思います。
幼児が成長の為に要する時間もAgeing、壮年の体力が徐々に衰えて行くのもAgeing。前向きなのも後ろ向きなのもAgeingの捉え方で変わって来るって事のようです。

秋ですね~

昨日の雨もあがり朝から日本晴れ。
街中の街路樹もすっかり秋色に染まっています。
我家の庭も例に違わず秋たけなわ。急遽預かった史クンは苺の木の実と花が同居しているのにいたくご執心。まだ満開とは言えませんが蕾が膨らみスズラン状の花がチラホラと開いています。
絵本【ぼうしをかぶって】に倣い帽子を被ったシラカシのどんぐりを取ります。時期的に落果の頃、簡単に座布団(帽子)を枝に残したまま落ちてしまうどんぐりを刺激を与えず座布団毎えだからちぎり史クンに与えます。低い所は既に落ちているので踏み台を持ち出し高い所から。
そんな事をしていると石蕗の花が目に入ります。先日やっと綻びかけていたのが今日はもうしっかりと咲きそろっています。

台杉の下の杉苔が昨日の雨を含み朝日に輝いています。

その手前の皐月には狂い咲きの蕾。

サルココッカにも蕾がいっぱい。早春に備え準備万端。

見上げると消え残った月。ちょっと小さ過ぎて解り辛いかな?

プリンタ

11月も、もう半ば。また年賀状の季節がやってきました。
昨年は、HPのプリンタの給紙ローラーの経年劣化でいよいよハガキのように硬い紙が送れなくなり、急遽T哉からプリンタを借りて印刷したのでした。
薄いA4用紙などは全く問題ないのですが。
狭い場所にプリンタを設置してあり、前面給紙前面排出が都合が良くてHPを使い続けていましたが、やはり送りローラーの劣化は避けて通れません。一般的な背面給紙前面排出ならこんな問題は起こらないので、次はこのタイプにしようと思いながらついつい購入を先延ばししていました。ギリギリで発注すると年賀状に間に合わなくなる場合もあるのですが、その時はまたT哉から借りれば良いなんて狡い事を考えていました。しかしいずれ買わなきゃならないのならと思ったりしていたところ、かみさんから「プリンタどうするの?」との問い合わせ。携帯TELの契約時に貰ったポイントがまだ残っているそうで、それを原資に予算が付きました。
そこで急遽プリンタ選び。T哉の使っているキャノンの格安プリンタはカラーインクが独立しておらず、価格も割高なのでカートリッジに穴を開け液体インクを注いでいます。メーカー保証などされてない方法です。
同じ格安プリンタでもエプソンなら独立カートリッジでHPと同じ方法を取っています。同額ならこの方が良さそうです。他の機能(印字速度、分解能など)はいずれも似たり寄ったりなので、エプソンのEW‐052Aと言う複合機にしました。
スキャナーも付いて独立インクで 6,000円+α 多少違いはありますがどこでも大体これくらいの価格で買えます。
ポイントの都合でエディオンでもこの価格で送料なし。で暫く前に発注。
世界的な半導体不足で製造が遅れているのか、納入予定日の連絡も遅れていたのですが、一昨日納入。なんとか年賀状に間に合いました。
それで本日はセットアップ。
背面給紙なので今のHPプリンタの位置には置けません。HPのプリンタも普通紙ならまだまだ使えるのでこのままにして置き、年賀状の時だけ切り替えようかとも思いましたが、思い切ってレイアウト変更。PCの位置をずらしそこに新しいプリンタを置きます。 ここなら背面への給紙も楽にできます。そして旧プリンタが置いてあった台の下のスペースに今まで台上にあった細々としたものを押し込みました。それらのものが少々出し難くなりますがまあこの方がプリンタの操作も楽です。
と言う事でHPのプリンタはお払い箱。PC等のゴミ回収業者から連絡が来るまで倉庫(車庫)に置いておきましょ。

健康保険証

10月1日付けで国保から組合健保へ。
法令改正でバイト先の健康保険に切り替えられる事になりました。あ~面倒臭い。
私のは10月中旬に新保険証が配布されましたが、扶養家族であるかみさんのが忘れられておりそれがやっと11月7日月曜に配布されました。それも発行が11月2日と半端な時期になっています。10月30日に受診した歯医者は国保のままで済みましたが、11月7日の日赤検診には間に合わず実費支払い。それを本日新保険証持参で差額分を返却してもらったそうです。
私の場合も10月上旬に受診した眼科と日赤検診が国保で支払ったので新保険証入手後持参して保険証切り替えの事務処理をしてもらいました。放っておくと後日役場から国保負担額を請求され、その領収書を保険組合事務所へ持参してそこで還付を受けなければなりませんから。
かみさんの保険証入手後は役場で切り替え手続き。11月納付分が大幅に減額され以降の納付分は無しに。その代わり11月以降はバイト先の給料から天引きされる事になります。それでも健保組合への納付額の半分は会社が負担してくれる事になるので有難い事です。
国保の場合年額20数万円を納付していたのですが、その約半分で済むことになります。
そこで頭に?が浮かびます。
ウチって今そんなに医療費払ってないよなあ。年間負担額の3~4倍が医療機関への支払いとしても夫婦二人で10万円もかかっていません。
若い頃は健康保険料なんて一方的に払い捨てているようなものと思っていましたが、そこまで行かなくてもそれに近付いていた事に気付きます。「ああ、やっと我々も負担してやれる側になったんだなあ。」ちょっと誇らしく思えます。
かみさんが大病を患った時は手厚い社会保障で本当に助かりました。医療費の自己負担額が月に約8万円を超えた分を補填してくれる高額医療費制度や、国が指定する難病の場合は特定疾患受給者証を受ける事で自己負担額が2万円(所得により変わります。)で抑えられます。
その他にも働けずに所得が無い場合は健保組合に申請すれば最長18ヶ月にわたり傷病手当金が受給できます。
この時は「本当に日本って手厚い福祉国家だったんだなあ。日本人に生まれてきて良かったなあ。」と思ったものです。
まさにこんな時の為の【保険】なんですね。
健康で医療機関にかからずに済むのなら【払い捨て】で良いのです。万一の為の保険ですから。

ゴミ焼却

天気も好いし風も無いし絶好の焼却日和。
と言う事でお昼に洗濯物や干してあった布団を取り込んだ後は剪定で出たゴミの焼却。はいペール缶焼却器の出番です。
そうそう午前中は車庫の棚の拭き掃除。なんだかんだとこき使われています。これも健康の為と思えば苦になりません。
剪定で出たゴミは、しっかりと乾燥しているものもあればまだ新しく青々としたものもあり、青いものは火付きが悪いです。
火付きが悪いと炎が上がるまでかなり煙が出るので乾燥したものと青いものを織り交ぜながら燃やして行きます。
12時過ぎから始めて4時過ぎまで。それでもかなり残ってしまいました。後1回燃やせば終わるかな。日が短くなって4時過ぎが限度。一日が短くなりました。
今回はかなり燃やしたので炭火がペール缶の8分目くらいまでになりました。まだ熾火なので明朝まで放って置けば真っ白の灰になり体積もぐんと小さくなります。それを植栽に撒けば酸化した土壌が中和され肥料代わりにもなります。これも一種の循環農法?いや循環園芸?
燃え切らず炭のまま残ってもその炭が保水性を良くしてくれたりするので好い事ずくめです。