へ~、知らんやった

数日前からPCの動きが変に。

強制終了して騙し騙し使っていましたが、本日とうとう立ち上がらなくなってしまいました。しまった、重要ファイルバックアップしとけば良かった。

最後の手段でDELLのサポートセンターへTEL。

状況を説明するとこのPCは2011年購入で保守部品等が無い可能性を前置きされました。やはりそろそろ替え時か? 

次いでサポート員さんの話で復旧の可能性がひとつあるとの事。

PC内が静電気で帯電すると立ち上がらなくしてあるそうで、その場合は電源ケーブルも含め全て繋がっているケーブルを外し電源スイッチを10秒ほど押しっぱなしにすると放電するとか。そうすれば正常に立ち上がるかも知れないとの事。

それでやってみると、やった~、立ち上がりました。へ~、知らんやった。

たぶん機器保護の為に帯電を検知して電源を落としているのでしょう。

こんな機能があったとは全く知りませんでした。

立ち上がった所で無くなると困るファイルをUSBメモリにバックアップ。

買換えの機種探しは・・・まあもう少し先でいいかな?

こんな事言ってる内に、バックアップも古いものになった頃に致命的なトラブルが起こるんだろうな・・・。

今日のお仕事

●ゴミ出し

燃えるゴミの日は毎週月曜と木曜。

今週月曜は端折れました。ゴミが少なくなり出す回数が減って楽ちん楽ちん。

 

●トイレ掃除

明日は全ババ連の麻雀大会ですね。週一ですが曜日が特定されていないので予想不可。

でも短時間で済むので楽ちん楽ちん。

 

●レンジの掃除

やろうとしたら既に料理中。明日に延期。

 

●庭仕事

今日はアジサイの剪定のみ。

新芽を残し上の方をチョッキンチョッキン。

枯れた古い幹を根元からペキペキ。

ふ~、スッキリしました。

後はまた少しづつ。台杉、白樫、シマトネリコなど背の高いのはやりでがあります。これらは11月に入ってからかな~?

昨日採取したグラジオラスの球根は洗って干してありますが、片付けようとしたら「私がやるからいい。」とかみさん。ほんの一手間ですがやらずに済んでLucky!

 

剪定が終わりかけた頃、「父しゃ~ん、アップルパイ焼けた~。」

先日Y店舗で紅玉を見つけ、生食用の富士と一緒にアップルパイ用として買ったのでした。

昼食後のデザートとして頂きます。

う~ん、旨い。やはり調理用として使うリンゴは紅玉のように酸味の強いものでないと。

昼食後のデザートとして頂きます。 そうだこの綺麗な焼き加減、撮っとこ。

コストパフォーマンス

数日前からi-Padの充電ケーブル(ライトニングケーブル)が接触不良を起こしていました。それで毎朝充電の度に充電してるか確認しながら使っていましたが、今日は何度抜き挿ししても充電しません。端子を見ると金メッキはとうにハゲていますが端子が剥がれている訳でもなさそうです。それでも一番怪しいのはこのコネクタ。

実はこれ暫く前に100円ショップで買ったものです。純正付属品が長期の酷使によりコネクタ付け根部分が半断線となった為買い替えたものです。純正品の方は本当に長く持ちました。断線しかけたのがかみさんの入院中でしたから、それからでも約4年騙し騙し使っていた訳です。

そして昼食後、また100円ショップへ。ついでにパン屋でアンドーナツ3個とピッコロサンドを買わされてしまいました。メインのケーブルよりついでの方がグンと高いです。散財が絶えませんねえ。

帰宅後繋ぐとちゃんと充電します。100円+taxでも110円、まあ安いといえば安いですが。一年持たなかったようだし、一年持つとしても10年で1000円。いやついでの買い物代を考慮すると10年で約6000円。

100円ショップのライトニングケーブル、ちっともコストパフォーマンスは高くありません。

秋便り

昨日13日は台風一過、無茶苦茶良い天気でした。

12日のこちらの様子があまりにも平穏だったため脳天気な事を言ってしまい反省しております。気象庁、各自治体の事前準備のおかげで規模の割りに犠牲が少なかったかと思っていました。それでも昨日帰宅時点では死者30名を越えており、やはり尋常な台風ではなかったのだなと思います。何事も転ばぬ先の杖、行政の指導だけでなく我々ひとりひとりの危機管理が必要と改めて確信した次第です。

そして本日はもう小雨が降っています。新聞を取り込む為に外に出るとほのかな甘い香り。庭に目を遣ると金木犀の蕾がぎっしり。

台風前は花芽が少し付き始め程度だったのに。

昨年の開花が10月前と異常に早かった為、今年は裏年かと思っていました。

台風をやり過ごしてから咲くなんて、なんという頭脳的プレイ。

いや、それだけ今年は気温がまだ高いって事なのでしょう。だからこんな時期になっても大きな台風が発生するのでしょう。

このほのかな香りくらいがちょうど良いです。やはり鼻がもげるほどの強烈な香りは御免被りたいですね。

今回の台風と言い、数年前の御嶽山噴火と言い、この秋の便りは私にとって不吉なものを感じさせます。

Innovation

台風19号、これから大きな影響を及ぼすのか今のところは全く静かです。木の葉は時折揺れる程度、雨も小降りよりはちょっと多いくらい。

メディアが大騒ぎしているおかげで交通機関も計画運休、主だったマーケットチェーンも臨時休業。おまけに昨日は水や保存食を買い求める人がマーケットに列をなしていたとか。それにガソリンスタンドも給油する車で深夜まで大盛況。15号で大停電を起こした千葉の件からでしょうか。でもPHV以外の車からは家庭用電源なんて供給できないのですが。満タンにして影響の少ない所まで避難? 直径600kmの暴風域から? 頭おかしいんとちゃう?

でも万全を期して備えておくのは良い事でしょう。何も無ければ尚の事良かったと思えば良いのです。

しかし暇ですね。〇ん〇のイベントは中止、出かける所も皆休み。朝10時まで寝てたんじゃ昼寝も出来ません。

それで、徒然なるままに日暮しPCにむかいて心に映りゆくよしなしごとをそこはかと書きつくってみましょ。

昨日の眼科検診で待ち時間に雑誌を観ていたらIWCの時計の宣伝。そこに旧英国軍戦闘機スピットファイアが出ていました。なんでもレストアした機体で長距離飛行をするとか。ブライトリングの時計がベントレー乗りの為に作られたとか言う話は昔聞いた事がありますが、同じような事をやってるんですかねえ。

しかしスピットファイアって本当に綺麗ですね。子供の頃ラジコンやってまして、作りたいなと思いながら全く手が出なかった事を思い出します。この独特の楕円翼、NACAの翼形でも探せませんでした。おまけに平面図の楕円形も具体的な図面を探す事も出来ませんでしたから。翼形の薄さと楕円翼の空力性能の高さもあってドイツ空軍を翻弄していたのですね。

イギリスの設計開発力って凄いですね。ベントレーも今では車部門がVWグループの傘下で残っているだけですが、元々は戦闘機メーカー。パイロットでもあったベントレーがアルミ製のピストンを採用し飛躍的にエンジン性能が良くなり後に自動車も手掛けるようになりました。かの白洲次郎が親友とヨーロッパ自動車旅行をしたのもベントレーだったとか。

そんなこんなで先日買ったダイソンが頭に浮かびます。ダイソンさんもイギリス人。

粉体分離機を掃除機に応用するなんて凄い発想です。これこそがInnovation。

いや、よく考えれば蒸気機関のワット、蒸気機関車のスチブンソンもイギリス人です。

それによる産業革命もイギリスが発祥です。イギリスって本当にイノベーティブな国だったんですね。大陸の直ぐ隣の島国、そのおかげかずっと独立を保ってきた国家。我々の日本とよく似ています。日本も頑張らねば。

そうそう、吉野先生おめでとうございます。アカデミックな部門に限られていたノーベル賞が今後工業部門に広がる事を期待したいです。そうです社会に広がり人々が恩恵に浴してこその学問ですから。

話を戻して今のイギリス、政治的にも経済的にも迷走に迷走を重ねています。

昔言われていた、日の沈む事の無い大英帝国、復活する事はあるのでしょうか。

ソフトバンクグループ傘下に入ってしまったとは言えARMもイギリス発祥です。インダストリー部門ではイギリスの設計力は今も健在です。表面には現れませんが縁の下ではしっかり世の中を支えています。でももう少し目立っても良いのではないでしょうか。

 

ここまで書いてきて気付きました。

そこはかとなく書きつくってみましたが、あやしゅうこそものぐるおしけれ。

ケルヒャー日和その2

延び延びになっていた南面窓とどぶ掃除、本日やっとケルヒャーがけ。

まずは窓から。外壁、サッシ、網戸もまとめて一気にケルヒャーします。汚れを流した後はガラス面をワイパーで水切り。いとも簡単に片付きます。そして入口スロープ、車庫側壁、車庫入口とケルヒャーがけ。跳ね返ってくる真っ黒の汚水を浴びながら奮闘します。今日は最後にシャワー浴びと腹を括っているので汚れも厭いません。

そしてメインイベントのどぶ掃除。グレーチングを外し汚泥を十能で掬い上げます。「あ~、汚ねえ。」顔をしかめますが汚いのは一時、後はシャワーが待ってます。

ある程度掬い上げた後はケルヒャー。側溝の壁の苔や泥も一緒に流れて行きます。

次は入口反対側の駐車場の側溝。こちらもグレーチングを上げてから。側溝の中に生えた雑草も剥がしながら汚泥を掬いケルヒャーがけ。

最後は汚水の飛沫を浴びたケルヒャー本体、高圧ホース、ノズルなど水洗い、拭き上げ。お昼に呼ばれて家に入ると既に12時半を回っていました。

あ~、これで今年の玄関周りの大掃除は完了。次の大きなイベントは庭木の剪定。これは11月くらいでいいかな?

 

そうそうダイソンも無事納入され壁への取り付けも済んでいます。そして既に稼働中です。といってもちょっと汚れたらそこをちゃちゃっと片付ける程度です。ワンハンドで手軽に扱えるのでこう言った使い方になります。連続稼働時間が短いっていう事もあり必然的にこういった使い方になってしまいますね。

家では掃除は私の役目、一応まだ体力的にも大丈夫なので片手でらくらく作業できますが、か弱い女性にはこれを持ち続けるってチト辛いでしょう。ましてうちのかみさんなんて病気の所為もあり、ほんの数秒でも持っていられません。本国イングランドでも女性でなく旦那がやっているのかも知れませんね。

それと期待外れだった事。サイクロンの吸引力は強力だと巷で言われていましたが実際に使ってみるとちっとも強力ではありません。ごく普通の吸引力です。強弱切り替えられますが、弱では使い物になりません。普通のコード付きキャニスタータイプの方が強力です。誰がサイクロンは強力だなんて言い出したんでしょ。二階に置いてあるコード付きの古い掃除機、やはり捨てるのは止めておきます。まだまだ大掃除の時はこちらが活躍すると思われます。

以上ダイソンのインプレでした。

ケルヒャー日和

「今日はトイレ掃除の他にベランダケルヒャーかドブ掃除。どっちが良い?」

ベッドで聞こえないふりをしていましたが、敵の方が一枚上手。結局ベランダのケルヒャーがけを押し付けられてしまいました。そして明日はケルヒャーでドブ掃除。昨年は端折れたのになあ。

仕方なく起き出し洗顔、朝飯、髭剃り、新聞の目通しを済ませたら朝のお勤め。そのままトイレ掃除。「明日は麻雀大会だな。」(前日がトイレ掃除の日となっています。)

そしていよいよベランダ掃除。南側ベランダは庭の水道栓から水を取るため上からホースを垂らし蛇口に繋ぎます。ワンプッシュの接続栓なのでこれは簡単です。2階の手洗いの蛇口はオシャレな形で接続栓が付けられず、こんな事になってしまいます。

ケルヒャーを車庫から運びセット。排水溝の蓋のアルミ板を外し、まず排水溝から。溜まっている木葉を取り除きながらなので結構手間がかかります。アルミ板の蓋の内側もケルヒャーしてそれから蓋を被せ、あとは床と一緒にケルヒャーします。内壁もケルヒャーしてキレイキレイ。

次は東側。さすがにここまではホースは届きません。エアコン室外機の上に大型ポリバケツを置き、そこへバケツリレーで水を溜めます。これは2階の手洗い場からです。そこへケルヒャーの取水ホースを浸け空気を抜いた状態でケルヒャーに接続。と言ってもどうしても空気が入ってしまうので暫くポンプが空転します。やっと空気が抜けてなんとか稼働状態に。先程と同じ要領でケルヒャーして行きますが、水の減りの早い事。その間カミさんがバケツリレーしてくれますが、病気の後遺症で力なしなので無茶苦茶大変そう。

なんとか終了しましたが、「思ったより大変だったね。」とのかみさんの弁。そんな事最初から解っていたよ。だから聞こえないフリしてたんじゃないか。

狭いベランダでケルヒャーすると跳ね返って来る汚水をもろに被ります。見た目そう汚れていないようでも実は全身ドロドロです。

ホース出しついでに庭の水遣り、大汗かいた後は風呂場に直行。シャワーを浴びてああスッキリ。明日も またケルヒャーでドブ掃除。なかなかのんびりとは老後は過ごせません。