ケルヒャー日和

巷では今日は旗日、お彼岸ですね。
朝からカラッと良い天気。S司も家にいるので一緒にケルヒャー掛け。こう言った仕事も教えて行かなければなりません。まあ教えなくてもそれなりに出来ますが、こだわりの強いかみさん、あれこれ細かな注文が多いのでそれに合わせるべく。
今日は殊に陽射しが強く外に居るだけで暑い(熱い)です。ほんとオーブンで焼かれているような。水を使っているから多少良さそうに思いますが、飛んで来る飛沫は真っ黒の汚水ですから極力かからないようにしています。そんな訳で汚水の御在所本谷を歩いているようなものです。いや本谷の汚水でもこんなに真っ黒ではありませんな。
車庫横のスロープと階段、それと車庫の前までで一旦中止。今日はここまでとします。
エントランスの洗い出しも真っ黒なのですがこれは要注意。水圧が強過ぎると小砂利が剥がれて飛んでしまいます。デッキブラシで磨くのが良いのでしょうが労力が半端じゃありません。そんな訳でもっと汚れてからと言うことに。
後、駐車場もかなり真っ黒になっていますがこれはまた後日。

ケルヒャーかけるとコンクリート面が真っ白で景色が変わったように感じます。本当に明るくなり清々しいです。
ただ、ケルヒャー掛けって、掛けずにいた時より汚れ易くなるように感じます。強烈な水圧で表面を削る訳ですから表面に細かな傷が付き、そこに汚れが付き易くなるように思います。メラミンスポンジも同じですね。あれも陶磁器などの表面を削り取っている為細かな傷が付き、そこに汚れが付着するので一見便利なようですが塩素洗いより汚れが付き易くなります。まあ便利には便利なのでよく使いますが。
そんな訳でケルヒャー掛けもあまり丁寧に真っ白にはせず、軽く汚れを落とす程度にしています。いくら削っていると言っても私達が住んでいる間にコンクリートが無くなってしまう事はありませんが。

あれだけ飛沫がかからないようにしていたにもかかわらず、終えてみると全身ドロンコ。やはり事後のシャワーは必須です。

久々に

名東区のアミカまで出かけてきました。
先日の夕食、カレーだったのですがいつもと味が違います。
なんとかみさんお手製のルー。510家御用達のハウス印度カレーのルーが切れていたのだとか。
お手製もこれはこれでまあ美味しいのですが、やはり一味足りません。まあ本場のカレーなんて家庭によって千差万別、いずれもさして美味しいものではないので、それらよりはずっとましです。
そして、我家で最も人気があるのはハウス印度カレーです。他の物を食べるとついこれが食べたくなります。
一般的なマーケットから姿を消し、今ではnet買いか業務スーパーのアミカでしか入手できないのは周知の通りです。
それで本日かみさんのバクシネーションの後、日進市の方へ Lunch de Date。その足で名東区まで足を延ばしました。
まずはその先にある Sweet of Oregonでスイーツを御用達。お気に入りの【ふわとろチーズケーキ】がイチジクしか無かったので仕方なく他のものに。そしてすぐ近くのアミカへ。
ハウス印度カレー業務用1kgが月間奉仕品となっており税込み691円。

f:id:tanuo:20210922155147j:plain

通常価格の723円より若干お廉いです。
アミカにもネットショップが有り他のネットショップよりお廉いですが、1万円以上でないと送料がかかってしまいます。
それをケチって車で出かける訳ですが、やはりその方が高い買い物になっています。来るたんびにケーキ買わされてたんじゃあね。

ECRS

最近あんまり面白くなくなってきたのですが、まあ惰性で見続けています。
ええ、NHKの朝ドラ、モネちゃんの事です。
このドラマ、クラシック音楽並みに音量のダイナミックレンジが広くて、小声の部分は聴き取りにくくテーマ曲はうるさいくらい大きく聞こえます。それでリモコンを持ったままボリウム調整しながら観ています。
終わった後もグズグズと次の番組(朝イチだったかな?)を見続け、9時のニューズになってやっとベッドから起き出すなんて生活を送っています。
その次の番組、毎日特集が組まれており、本日は家事の端折り方の特集でした。コロナ禍で家事が増えた主婦層への訴求を狙ったもののようです。
なんとなくBPR(Business Process Re-engineering)みたいなものか。と思いながら観ていると、ECRSなんて言葉が出てきました。
仕事を離れてもう6年が過ぎ、その間に新しいビジネス用語も増えているようです。
この言葉、Eliminate(排除)、Combine(結合と分離)、Rearrange(入替えと代替)、Simplify(簡素化)から来ているのですが、工場などの業務改善で使われているそうです。
昔人間のtanuoさんは、「そんなもんトヨタ流の【カイゼン】で済むやろ。」と思ってしまうのは、やはり頭が固くなっている所為でしょうか。前述のBPRですらカイゼンの焼き直しなんですけどね。
大体が、業務上不都合な問題が顕在化する事自体が業務改善実施の大きなチャンスです。業務フローや状態遷移図などをまとめ、通り一遍の改善だけでなく、思い切ってプロセスそのものの要不要を検討したりします。この根本から見直す点がBPRがカイゼンから一歩進んだ証かと思っています。それがECRS? なんぼのもんじゃ! なんちゃって。
それはさておき、観ながらつい家の家事にも当て嵌めてみます。
夫婦二人とおまけのコブ一匹だけの生活なので家事の量自体は元々少ないのですが、それでも家族全員が元来の面倒臭がりなので手抜きは超一流。無駄な事は一切やりません。少々汚れていても全く気にしないという点もあります。全員がB型で良かったなあ。
そんな訳で家事に忙殺される事なんて全く無く、暇だから何かやる事は無いか?と暇潰しの材料が家事になっています。これから涼しくなるのでやる事が無くなれば庭仕事がいくらでも待っています。暇を持て余す事も無くなります。
ですから多少無駄な処理があっても気にならないと言えば気にならないのですが、この番組に倣って効率化の方法を考えてみました。
かみさんが立ったりしゃがんだり出来ないので掃除全般は私の役目になっています。洗濯物を干すのはS司、取り込んで片付けるのは私ですが、この辺は量自体が少ないですから畳むのを端折っても大して時短になる訳ではありません。身体を動かす事と指先のトレーニングとしてやり続ければボケ防止にも繋がります。と言う事で主に掃除について考えてみます。
台所のシンク、レンジ台、壁、換気扇、それにトイレや風呂、洗面所等は定期的にかみさんから割込みが入るのでイベントドリブンで処理。やる内容もルーチン化されており、やること自体を端折らない限り時短は無理です。それに汚れに気付けばその都度やっているので特に手古摺る事もありません。
となると残りはダイソン掛け(掃き掃除)と床のモップ掛け。
そこで気付きました。と言うか既に既成事実となっていますが、モップ掛けは殆どやっていません。
ルンバにやらせていた頃は吸引力が弱い所為か、細かな埃汚れが取れずよくモップ掛け(ウエットタイプのクイックルワイパー)をやっていました。しかしダイソンに変えてからはごく偶にしかやりません。ダイソンって吸引力そのものは弱いですが、吸引口のフェルトローラーが回転しながら床を磨いてくれるので、乾拭きしたみたいに床がツルツルになります。基本的に我家はスリッパ無し、靴下無しの裸足で居るのでその足裏で感じるツルツル感はモロに解ります。
ダイソンを買った後でその重さに失敗だったと思っていました。マキタの方がずっと軽く利便性は高いです。でも今やっと気付きました。ダイソンって重いけどこのフェルトローラーでモップ掛けも一緒にやってくれてたんだ!
腕力の無い奥様方にはチトきついかもしれませんが、我家では掃除は専ら私の役目、力無しのかみさんがやる事はありません。
そうか、結局我家の場合ECRSもへったくれも無い、既に最善の業務処理に到達していたのですね~。
後はもうやるかやらないかでしか家事での時短は不可能です。

ミラ リコール

家の軽太郎、ミラのリコールの通知(はがき)が来ていました。
この車って中古車屋さんから買ったものですが、ちゃんとメーカーから通知が来るんですね。
販売経路に従ってエンドユーザーまで辿り通知を送るって結構大変な作業でしょうに。お値段の高い車ならそれも致し方ないでしょうが、こんな車にまで。ほんとご苦労様。
巷では軽の中古市場って結構大きいようで、かなり古い車も意外に割高な金額で取引きされているようです。
思うに、かなりの都市部でも車庫証明無しで購入可能な事がそのメリットとなっているのでしょう。車庫の問題さえなければ普通車のコンパクトカーの方がずっとお得です。寿命、燃費、価格のいずれの点でもコンパクトカーの方がメリットがあります。自動車税や車検時の法定費用が低いと言っても年に1回、2年に1回です。軽は小さなエンジン、小さな部品で常時過負荷で動いているため寿命が短く、少し古くなるだけであちこち部品交換が必要になります。燃費の悪さも相まってランニングコスト増として跳ね返ってきます。ですから下手な軽の中古車より新車の方がずっとお得です。おまけに軽人気のおかげかかなり古い車でも価格はあまり安く設定されていません。生涯コストで見るなら中古の軽なんて端から度外視すべきでしょう。先立つものが無いとか、すぐ乗り捨てる予定だとか言うのならかまわないでしょうが。
そこで家の軽、中古のメリットなんて全くありませんでした。保証継承の費用やら滋賀県からの陸送費用やら(かみさんのお気に召す色のものがそこにしか無かったので)結局新車と変わらない価格、いや新車なら多少値引きもあるでしょうし色も自由に選べましたから、新車以上の価格になってしまったのは言うまでもありません。(新古車と言われるものでODDが10㎞ほどですからほぼ新車)
子供の引っ越しで通勤用の車が要るとの事で家のデミオをそれに充てました。AUもあるしアクアもあるので買い足す必要は無いと思っていたら、かみさんが「足車はやっぱり2台欲しい。」
そこで急遽調達に動いたのですが新車じゃ納期がかかります。それですぐ納車できる中古となったのです。
家から最も近いディーラーは〇〇。ここって子供の幼馴染が勤めています。新車ならここで買ったのでしょうが、中古なので買った事はご存知ありません。リコールに持って行くと不義理がばれてしまいます。それで面の割れていない私が行くことに。学校関係とは全く関わってこなかったtanuoさんの本領が発揮できます。
て事でリコールの予約。日時を忘れないようにしなくっちゃ。

蛭考

昨日の御在所、またしても献血してしまいました。
どうやら本谷ドンツキから点検道で朝陽台へ上がった時にやられたようです。
数ヵ所やられた中でも脇腹のものが重症?で、帰りに寄った温泉で全く血が止まらず往生しました。
花崗岩質の所には居ないと言われ、昔は御在所、鎌などでは蛭被害も皆無でした。すぐ傍の入道のようにヌタバの多い所では要注意、同じ花崗岩質の釈迦でも偶に聞く事もあったという程度でしたが、近年勢力を拡大し花崗岩だらけの御在所でもよく被害にあうようになりました。もはや石灰岩質だからダメ、花崗岩質なら大丈夫、なんて言うのは過去の話となって久しいです。
血が止まらないのは蛭の唾液に含まれるヒルジンが血液凝固を妨げる為というのは周知の通り。
ヒルジンのヒルは、蛭の学名Hirudineaから来ており、和名の蛭(ヒル)とも何だか関係深そうです。
ただ英語ではLeech、ドイツ語でもBlutegelでHiruと言う発音とは無縁だし、ヨーロッパでは古くから瀉血の為に医療用として使われていた歴史もあるので和名のヒルがヨーロッパに伝わったなんて事はあり得ません。
ヒルジン(Hirudin)の名も1800年代から1900年代にかけてイギリスの学者が抽出、命名した事から単に学名Hirudineaに因んだものと思われます。じゃあHirudineaとヒルの名は単なる偶然? よく解りませんね。
行動中ヒルに食われても全く気が付きません。何となくむず痒くないか? チクッとしなかったか? などと気にしてズボンを捲り上げても何ともない事の方がずっと多いです。触感とは無関係に定期的に蛭チェックをして発見する事が殆どです。或いは衣服が赤く染まっているのに気付き捲ってみたら既に「ご馳走様。」と言って逃げ去った後とか。
この痛くないって事も被害を助長している原因です。これもヒルの唾液に含まれる麻酔成分が原因です。ヒルは長い進化の中で如何に効率よく安全に吸血できるかという能力を身に付けて来たんですね。
ただこんな言い伝えもあります。長年蛭に吸血されてきた人の血液には対抗成分が出来て、その血を吸ったヒルは死んでしまうとか。
しかしこの話は、被害ばかり受けてきた人間のささやかな願望でしか無いような気がします。せめて想像の中だけでもヒルに一矢報いたいという。
今回の被害、傷跡を見てみますと脇腹に2ヶ所並んであります。1㎝も離れていません。今までにもこのような傷跡は何度か経験しています。
ヒルは塩分を嫌うので大汗かいてしょっぱすぎるとその位置は諦めて他の所から吸おうとするのではないか? なんて思っています。
この2ヶ所の傷口、大抵は一つは傷口も大きくなく止血も容易です。これが嚙みついてからすぐ諦めた方、その隣の全く血が止まらない方が本格的に大喰らいした方。
ヒルのビヘイビア、まだまだ解らない事だらけです。もっと経験を積まなければその振る舞いを知る事は出来ません。
もっと献血して仲良くならないとダメでしょうね。

やっぱJanisだった。

先日のDiorのCM、曲はやはりJanisでした。歌っているのが彼女自身(当然過去の収録)なのかどうかは定かではありませんが、もしかしたらそうかもしれません。レコードやライブでは出だしのCryからかなり間延びした歌い方ですので彼女では無いのかも? なんて思いますがあの強烈な歌声は彼女なのかもしれません。Janis Joplinの特徴と言うとやはり嗄れ声と言うこともあり、割と艶やかな声からモデルのお姉さんが歌っているものと思い込んでしまったようです。それで歌そのものも別物と思い込んでしまったのですが、何度か同じCMを見ている内に「やっぱりJanisだよなあ。」とDiorで検索して見たら、9月からJanisの曲Cry BabyをCMとして流しているとの事。
へ〜、手前味噌ながらtanuoさんって凄い記憶力ですね〜。
改めてyoutubeで聞き直して見ますとやはりCMより声が枯れています。歌はやはり別人か?
しかしまあTVCMを作る人達って大変ですね〜。50年近く前に亡くなった人の歌を探し出し、現在の画像と合わせて未来に残るような作品に仕立て上げる。当に芸術と言って良いでしょう。そう、Artですね。
芸能界で音楽活動をされている人達をアーチストと呼んでいるようですが、アーティストじゃ無いんですかね。アーチストと言うとchのスペルを連想してしまいます。Artistのスペルならアーティストですよね。Artistというと本来の芸術家というニュアンスの他に単に作家と言うニュアンスもあります。芸術家とは言えないただの歌い手さんの場合にアーチストって言ってるのでしょうか? (それは無いですね。)
Artの形容詞にArtisticとArtificialがあります。
Artisticは「芸術的な」 Artificialは「人工的な」と言う形容詞で、今猫も杓子も使っている言葉のAIはArtificial Intelligence(人工的な知能)の略です。
DiorのようなArtisticなCMとその他の雑多なArtificialな番組と混在する、いわば玉石混淆のTV放送って、本当に面白いです。

そうそう、最近同じくTVでウーハンコロナに関連して興味深い英単語がよく使われています。ブレークスルー感染とか、3回目のワクチン接種をブースターとか。
ブレークスルーと言うと、業務改善などの妨げになっているものを突き抜けて改善して行く事、或いは障壁となっているものを突破して行く事、と現状より良くなって行く事によく使われ、現状打破なんて言われています。しかしコロナの場合立場をウイルス側に変えて、感染拡大の障壁となっている、ワクチン接種により生成された抗体を打ち破ってでも感染させる事、ウイルス側の現状打破として使われています。ニュアンスとして味方の立場でも敵の立場でも使えるって事のようです。
boostも我々技術屋はついエンジンなどの出力を補う補給機を連想してしまいがちですが、効力をより一層高めるもの、効力を補うものと見れば意味は繋がります。それでも足りなければ、2次ブースター、3次ブースターなんてのも出てくるのかな?

呆け進行中

Baby, uu~m, baby~・・・
点けっぱなしのTVから突然の歌声。
思わず振り返って観ると、画面には綺麗なお姉さん。
歌声はどこかで聞き覚えがあるようなシャウトだったのでつい振り返ってしまったのですが、どうやらそれとは違うようです。声もかなり若く艶があります。
見続けているとDiorの香水の宣伝でした。今はChristianは付かないのでしょうか? ファッションとは無縁のtanuoさんでもクリスチャン・ディオールが起こしたそのブランドくらいは存知ております。しかしまあ海外ブランドのTVCMは垢抜けていて綺麗ですね。歌もとても良い。
この歌い方に何故引き付けられたか? 一瞬ジャニス(ジョプリン)の歌声を連想してしまいまして、もしかして?なんて思ったものですから。
上品な音楽がお好みのこのtanuoさんが、ジャニスのようなドラッグまみれの人の歌も好みであったなんてチョット意外?
まあどんな人間でも若く感性豊かな頃っていうのは、荒々しい感情の高ぶりに同化し易いものなんでしょうね。いや、ジャニスって結構物憂げなバラードも上手いです。あのしゃがれ声との組み合わせが何とも言えない哀愁を秘めています。もう何十年も前に亡くなった、それも薬物が原因の事故死か自殺か分からないような、碌な死に方をしていないアウトローな彼女だったからこそ未だに記憶に残っているのかもしれません。
f:id:tanuo:20210907102547j:plain

最近ふとした事で昔の記憶が蘇ります。夕べの晩飯が何だったのかなんて全く思い出せないのに古い事ばかりが思い出されます。
人の名前、地名、などの固有名詞がなかなか出てこないのに、こう言った記憶が蘇るとそれに関連した固有名詞なんてスラスラと出てきます。これってやはり認知症が進行している証拠?