紅俺ん路

先日、乗鞍のヤマギシ店舗で。
早々と温州みかんが姿を消し、あるのは【紅俺ん路】のみ。次に出る八朔やデコポンはもう少し先になるようです。ヤマギシさんは自前の農園で出来るものを販売しているだけで、他のマーケットのようにいろんな所から取り寄せている訳ではないので品揃えは少ないです。しかし裏を返せば旬のものしか扱っていないって事でもあり、知らず知らずの内に季節毎の旬を味わわせて貰っているって事でしょう。旬でもない、美味くもないものを季節外れに頂いているより、余程季節感が味わえて人本来の生活を楽しんでいる事が実感出来ます。
この【紅俺ん路】、【紅オレンジ】と読みます。和歌山で栽培しているそうで、糖度が高く皮ごと食べられるそうです。
この日は2袋買ってきました。史クンを預かるので泣かれないよう果物で釣る為です。他に苺もワンパック。たぶんもう泣かれることは無いと思いますが念の為って事で。
結局史クン釣るのは苺だけで済み、紅俺ん路一袋は帰りにMちゃんに持たせました。
もう一袋が残ったままになっていたので、本日試しに1個頂いて見ました。ええ、宣伝通り皮ごとです。
で、なんと言いますか、食べて食べられない事はありませんが、やはりそう美味いものではありません。丸かじりした時最初に感じたのは金柑を齧った様な味とでも言いましょうか。柑橘類の皮って皆あの様な香りと味なのでしょう。ママレードの様に砂糖漬けにしてしまうと金柑の様な香りは抜けてしまうようです。お節に付いている金柑のシロップ漬けが最も近い味です。
しかし2個目は無いですね。ちゃんと皮は剥いて食べます。その方がずっと美味しいです。皮ごと食べてもあの糖度の高さのお陰で食べられただけのように思います。実だけだったらさぞかし美味かった事でしょう。皮の色も蜜柑色と言うより朱色に近いです。だから名前に紅が付いているのでしょう。小ぶりの蜜柑が一袋に6-7個、それで490円は高いです。まあ家のかみさん、孫の為なら金銭感覚ずれまくり。金に糸目は付けません。それも大きくなるまでの事でしょうからそれまで待つか。

聖地巡礼

朝ドラ、このところ恋愛ドラマになっちゃってますが、今風トレンディドラマと違い昭和感たっぷり。慎ましやかなルイちゃんが健気で恋愛系が苦手なこの私でも毎日心待ちにしています。
昨日はワーゲン・カルマンギアでダブルデート。まるでアメリカングラフィティーですな。
海を見ながら、「この海が(母親の居る)アメリカに繋がっている。」なんて言ってましたがどこの海に行ったんでしょ? 大阪湾の先はせいぜい瀬戸内海か淡路島か四国、和歌山まで遠出したとしてもその先にあるのはマレーシアかインドネシアアメリカとは方向違いです。まあ海自体は全てに繋がっていると言えば繋がっていますが。
すんません、また揚げ足を取ってしまいました。
宇宙人さんはアメリカをジャズ発祥の地と想い描いていたのかもしれません。アメリカ南部もそうですが、エンターテイメントとしてのジャズの聖地と言えばブルーノートが思い浮かびます。
マンハッタンの先っぽ、ハドソン川側にあるSOHO、その一角にある本当にこじんまりとしたクラブハウスです。名前の大きさに比べてなんとちっぽけなんだろうと、誰もがそれに驚くほどです。
不肖この私も一度訪れた事があります。昼間でしたし外から眺めただけでしたが。
宇宙人さんもブルーノートで演奏したいなんて思っていたのでしょうか?
このブルーノート、ジャズファンには聖地として是非とも訪れたい所のようです。
当時アメリカでは年に一度Comdex(コンピュータ業界の展示会)が開かれており、持回りでラスベガス、アトランタ、シカゴを会場としていました。そのついでに市場動向の視察も兼ねてニューヨークへ。その時の休日にワンデイツアーで立ち寄ったように思います。同行したYさんは私より一世代年上、生粋のジャズファンです。外から眺めただけですがまさに感無量と言った面持ちでした。それほどまでにジャズファンにとっては神聖なものだったのでしょう。いや、本当に笑っちゃうほどこじんまりしていて、軒がピアノの蓋の曲線に型取られているのが唯一特徴と言えるだけの貧相なものでしたが。
当時のアメリカの衰退を表すかのように車も人通りも少なく閑散としており好天の陽射しが返ってその寂しさを強調しているかのようでした。
先程netでブルーノートの様子を見てみると当時とは全く違い凄く賑わっています。当時路肩に駐車している車なんて全く見かけなかったのにnetの写真ではズラッと並んでおり人通りも多く完全に繁華街のイメージです。場所を移転したのでは?と疑ってしまうほど。
ただ周りの特徴的なビルの姿は変わっていません。この辺りのビル、道路に面した側の屋外に鉄製の非常階段が設置されています。それは最上階から二階までで舗道にまでは降りていません。非常時だけ降ろし常時は通行の妨げにならないよう揚げているのだと思います。都市部に住む低所得者層の住居というとこんなアパートが多いです。
そうそう映画プリティーウーマンでジュリア・ロバーツが住んでいたアパートにもこんな階段が付いていましたね。
SOHOは今若者に人気のショッピング街となっているそうです。元々は低所得の芸術家の卵などが安い家賃に惹かれ住み着いていた地域。ハーレム程ではありませんが、日雇い労働者や失業者も多く治安のあまり良くない地域でもありました。
あの頃からもう30年が経っているんですね。そりゃあ変わって当然ですね。

ルイちゃん、宇宙人さんと東京進出を皮切りにニューヨーク、ブルーノートにも進出できると良いですね。聖地巡礼聖地巡礼

ナベサダとジャズ

いつも通り起床、朝のフルーツを頂いて8時にはまたベッドに。
布団に包まりながら始まるのを待ちます。
「えっ?」そうです、今日は土曜日でした。朝ドラは週毎の総集編でした。「まっ、良いか。」
萌音ちゃんのアン子からバトンを受け継ぎ今はルイちゃんの青春時代です。そしてサッチモちゃんなんて呼ばれています。先日この日記でDipper mouthよりSatchmoの方が一般的だと述べたのですが、まさかそれを見てこんな風に演出を変えたなんて事はあり得ません。最初からここでサッチモの名を出す事を設定していたのでしょう。
話の中でナベサダ渡辺貞夫)が出てきました。当時の世相の中でジャズを出すのであればナベサダを欠く事は絶対にあり得ませんから当然の事でしょう。今でも日本のジャズの第一人者である事は誰の目にも疑い様の無い事です。ジャズ好きでない私でさえラジオで放送されていた番組はよく覚えています。そう標題の(ナベサダとジャズ)です。私より二世代ほど上、同じくジャズで有名な日野皓正が同世代よりチョット上くらいですから、当時からナベサダは日本のジャズ界では神様でした。
アン子編では話の進展が早過ぎて少々呆気に取られていたのですが、ルイ編では少しまどろっこしく感じます。それで毎日その先が知りたくなり「焦れった〜い、焦れったい!」
母娘三代を6ヶ月で済ませる訳ですから持ち時間は2ヶ月。どうやって(ひなたちゃん)に繋げていくのでしょうかねえ。
ルイちゃんとは10才くらい年下の私、番組の景色は私が10才くらいの頃ですかね。懐かしいような胸をキュンと締め付けられるような・・・。毎朝、甘酸っぱさに酔いしれているtanuoさんです。

ヤマギシ福袋

ヤマギシ店舗の初売り。
10:30からなので早めに出ます。毎年恒例の福袋が目当てで開店後直ぐに売切れてしまうものですから。
その前に爺さんの墓参り。到着は10:05 なのにもうお客さんが来ています。一番乗り成らず。駐車場が狭く、遅く来ると駐車出来ない為に早く来るようにしたのです。車の中で開店を待つつもりでしたが、もう並び始めています。「あかん、並ぼ。」
日当たりは良いのですが風が冷たいです。「う〜、暫し我慢の子。」
開店と同時になだれ込みます。そして中身を確認し二つゲット。ひとつはMちゃん家に。正月に家に忘れていったバスケットボールを届けるついでに福袋と史クンに苺ワンパックを。という事だそうです。
何度かに分けて買物、その度に車に荷物を運びます。かみさんはもう常連さんでお顔の広い事!
締めは車の中でコロッケ。(コロナの所為で今は店舗内飲食は禁止です。)
最後にソフトクリームをシェアしながら片手運転で帰途に着きます。
帰宅前にMちゃん家に寄りボールと福袋、苺を渡します。ちょうど涼・浩が帰って来た所。史クンの顔は見れませんでしたが二人の顔で充分満足。
恒例行事がまたひとつ消化出来ました。

この福袋かなりお得です。直ぐに売切れるのも頷けます。何と言っても楽しみも大きいです。

うどん

かみさんの還暦祝いのやり残し。新年早々のバーゲンセールを待って本日熱田区のタクシンスポーツへ。
新瑞を過ぎたところで急に渋滞。ブラザー本社を過ぎて斜めに国道1号線に合流する所、直ぐに陸橋の登りとなるのですが、ちょうどそこで工事をやっていました。そのおかげで凄い時間ロス。全く嫌になっちゃうよ。助手席ではかみさんが「良いのが売れ切れちゃう。」それに答えて「残り物には福がある。」
やっとお店に着いて早速シューズの物色。サイズと値段とデザインとブランドの妥協の産物を一足御用達。
ポイントを稼ぐ為かかみさん自ら精算しています。
「後で現金渡すわ。」と言ったら「お父名義の定期預金の利息が入ったからそれを使っとく。」
定期の金利が0.1%の時代、キャピタルゲインの課税率が20%、一体どんだけ預けとるんじゃい。どの分かわかりませんが自分名義の預金額も知らない呑気なtanuoさんです。しかし目減りする事を覚悟していたヘソクリ口座が安堵された事に、単純にラッキーと喜んでいるtanuoさんでもあります。

帰りは往路を避けて八事経由で。シンシア山手内のえびす屋でランチタイムデート。これは当然奢らされました。
私はカツ丼セット、かみさんはなめこおろしうどん単品で。
セットにはざる蕎麦を付けてもらい、それらをいつも通りシェアします。
ここの蕎麦は繋ぎにうどん粉(小麦粉の強力粉)を使っていますが下手な蕎麦屋の蕎麦よりずっと風味が良いです。更級かと思わせるようなコリコリ食感も強いです。
そしてやはり真骨頂はうどん。丸亀うどんの打ち立て丸亀食感も良いですが、それよりやはり群を抜いています。表面のツルツル感が全然違います。そしてこの弾力も。まあ値段も違いますから当然と言えば当然ですが。
セットの値段と単品の値段が同じってのが少々腑に落ちませんが、トータルとしてはリーズナブルなお店です。
ふ〜、食った食った。久しぶりに旨かったなあ。

正月2日め

正月2日(昨日の事ですが)T哉一家も帰りひっそり静まり返った我家。
朝ドラはまだやっていませんがつい癖でTVオン。ベッドの中で観るでもなく目覚めてるでもなく、これがホントの夢現つ? ブラタモリかなんかやってますがちっとも面白くない。江戸時代廃れかけていた成田山イノベーション? 日本活性化のヒントになるんですかねえ。
寝過ぎて目が腐りそうなので仕方なく起き出します。やっとお正月らしくお雑煮食べてお節を摘みます。重箱を開けてびっくり、既に半分ほど消えています。そうか大晦日にもう開けてたなあ。
あまりにも退屈で「温泉でも行こうか?」3人揃って出かけたのが11時30分。渋滞を予想してグリーンロードで。ん? 力石ICまで350円+110円? チョット安くなったんじゃない? いやETC割の復活でした。グリーンロード沿い北斜面には雪が残っています。
153号線に入ってからも順調です。ガラガラではありませんが極端に遅い車がいない所為でしょう。足助を過ぎると周りは完全に雪景色。道路にも日陰には雪が残っています。青空の下、雪景色を楽しみながらのドライブです。
13時10分平谷のひまわりの湯に到着。グリーンロードを使った所為もありますが、1時間40分で着いちゃいました。速っ!
駐車場は雪に覆われていますがすっかり締まり深くても10数センチ。車がよく通る所は融けており流れ出した水が雪面に水路を作りかなりの速度で流れています。
正月としては車は少なめですが定位置の車椅子マークの駐車場は塞がっています。施設に近い所は車が多いのでかなり離れた車の疎らな所に停めろと言います。雪の上歩くの大変だろうに。案の定私の肩に掴まりながら、滑り易い足元を庇いながら温泉へ。
いや〜、やはり良いお湯ですな〜。ヌルッヌルの肌触りです。少々混んではいますが車の数と比べると少ないです。皆さん休憩を長くとっているのでしょう。
すぐそばの平谷スキー場は大混雑。やはりお子ちゃま連ればかりで滑ると言うより戯れている方が多いですね。比べて帰りの道路はガラガラ。長い下りでついついスピードが出てしまいます。ちょいちょい制動しながらDH(ダウンヒル)気分。
稲武の道の駅でかみさんリクエストのソーセージ。「シートの上に油垂らすなよ。」
伊勢神トンネル手前から急に渋滞。かなり先を行く黒いワゴン車が原因です。対向車が来る度ブレーキばかり踏んで20km/h〜40km/hでトロトロと。まああんな人に限って後ろなんて見てないし、迷惑行為の自覚も無いでしょうなあ。それが延々と足助まで続き、追分交差点でやっと別れてくれました。お正月はあんなのがいるから時間が読めないんですよねえ。
平戸橋が近付くとかみさんが福岡屋に寄るように言います。いつも停める所がコーンとバーで塞がれています。てっきり休みなので違法駐車されない様に塞いでいるものと思い通り過ぎたところで営業中なのに気づきました。お客さんの列を整理する為だったようです。時既に遅し、通り過ぎるしかありません。戻ろうにも対向車線は数珠繋ぎ。遠回りして戻ろうとすると「もういい。」このもういいが毎度の事ながら問題です。その後はずっと事あるごとに、「福岡屋」「福岡屋」。何か言うと「福岡屋」やはり戻るべきだったか。
何はともあれ正月2日めはこうして過ぎて行きました。

腹ごなしに初詣

朝からお節に蟹雑炊、腹も減らん内に庭で炭火熾しして草鞋ステーキ焼き。
今年はチョット量が多くいっぱい残っちゃいました。お腹がもたれ腹ごなしに白鳥神社まで初詣。ついでにMちゃんとS司の通った上城保育園跡出来た公園の偵察に。
家を出て直ぐ近所で駐輪所用のテントが駐車中の車の上に乗っかっているのを発見。通り過ぎたところで強風に煽られそのテントが道路のど真ん中へ。鉄骨の骨なのでテント全体としてはかなりの重量がありそうです。車の通行の邪魔になりますし、また風に煽られ他所のカーポートの車に激突したらかなりの損傷となります。見兼ねたT哉が警察に通報。その後神社に向かっている途中でパトカーが現場に向かっているのに遭遇。正月早々お巡りさんも大変です。
白鳥神社で初詣の後は皆でおみくじ。大吉、中吉、吉と皆が皆良いおみくじを引いて神社を後にします。そしてそのまま上城保育園跡へ。
昨年12月10日に開演したこの公園、結構綺麗です。バスケのコートがあるとのことでここまで持って来たボールがやっと役目を果たせます。
f:id:tanuo:20220101173817j:plain

f:id:tanuo:20220101173847j:plain

風が強く無茶苦茶寒いです。我慢しきれず引き揚げます。
帰り道は向かい風、フミ君もう歩けません。父ちゃんが抱っこ。ジジは涼浩と手を繋いで。お手てが凍っちゃう〜。
飛ばされたテントの現場を確認がてらお家へ。テントは片付けられていましたがどこへ持って行ったんでしょ?

やっとお家に到着。皆んなでお炬燵に潜り込み「生き返った〜。」
その後はお菓子三昧。ええお正月です。

あっ、しまった! 昨年の白鳥さんの神璽、返納するの忘れてた! また今度車で行くか。