打ってきた

ワクチン打って来ました。
さすが完全予約制の時間指定、混雑は一切ありませんが呼ばれるまで30分ほどかかり、問診から接種までまた15分ほど。その後15分の様子見の後に異常がなければ帰宅という手順です。アナフィラキシーは割と早く現れるのでこの15分間で異常がなければOKって事のようです。その後副反応が現れるかもしれませんが約1時間経った現在、まだ何の症状も現れていません。
問診表はクーポンと一緒に送られてくるので事前に書き込んでおきました。そうすれば問診時間も早く済みます。
問診時に利き手はどちらか聞かれ、利き手側の肩に接種する旨を伝えられました。接種2回目の方が副反応が大きい為、その時に利き腕を温存するためのようです。
接種がスムーズに行くように半袖で行きました。右肩を出しスタンディングバイ。
筋肉注射は痛いものと思っていたので針を刺すのを見ないようにしていたら気付かない内に終わっていました。ペニシリン注射のように液体が圧入されるような感覚もなく、あっけなさに拍子抜け。本当に接種してくれたのかな?見ていれば良かった。などと若干の後悔。
接種後は15分後の時刻を書いた紙を渡され、その時刻になればその紙を受付に返して帰って良いとの事。そして次回3週間後の同時刻の2回目接種の予約をして待合ロビーに退出します。
待ち時間にスマホのカレンダーにスケジュール入力、渡された資料などを読んでいる内に15分は直ぐ済みます。その間全神経を集中して異変は無いか注視していましたが、な~んもありません。
ちょっと眠いのと頭がボ~っとしているのは久々に早起きした所為。
資料によると接種日は激しい運動は避けるようにとの事。そんなん当たり前なんて思いながらもきっとかなりのマージンを見てこんな事を書いているんだろうな。なんて考えるのはへそ曲がりのtanuoさんらしいです。
今日は朝から結構激しい雨。庭仕事もできないし、スマホ弄りも飽きてきたし、日がな一日寝て暮らそ。

テスト てすと test

googlephotosへリンクしたもの。
別のタブで開き、該当動画ファイルをクリックで再生。
photos.app.goo.gl


動画ファイルを一度streamableにUpLoadし、そこにリンクしたもの。
同一ページ内でクリックで再生。
streamable.com

見た目はこちら(streamable)の方が良さそう。ただ余分な空白(改行?)が多く間延びし過ぎ。

う〜、解らん!

ほんと今更ながら自らのOA音痴に情けなくなっちゃいます。
昨日午前中は史クンを預かる事になっていたのですが、ギャン泣きの懸念から暫くお母ちゃんも一緒に家にいました。皆で王子様のご機嫌を取っている内時間がのしてしまい、結局お母ちゃんのお出かけはまたの機会に。
その間またじじバカが出てスマホで動画撮り。FBにアップしますがどうやったのかもう忘れています。そうそうアップに無茶苦茶時間がかかるのでした。こりゃ撮影時にレゾリューションを落とすか撮影後スマホ内でリサイズするしかありませんね。それもやり方を調べなきゃならないし、出来るかどうかも判らないし・・・。
やっていてひとつ発見。
FBに動画をアップするのは無茶苦茶遅いですが、googlephotos側の操作でFBからgooglephotosにリンクを張る方法もありました。この方法だとFBのタイムラインにgooglephotosへジャンプする為の画像が表示され、それをクリックするとgooglephotos内の該当動画にジャンプします。要はFB内の画像ファイルを見るか、googlephotos内の画像ファイルを見るかの違いとなります。取り敢えずはFB側にアップしておきましたが後者の方が無駄な時間遅れが発生せず、wifi環境の無い所ではデータ通信量の節約にもなります。
FBへの動画アップロード、実はPCを介してやりました。googlephotosから一度PCにダウンロードしてそれをPCからFBへ。それでもFB側への反映に少々時間を要します。FB側サーバが重過ぎるようです。
こんな事に大量の時間を割いて、tanuoさんって相当の暇人?
そしてこれも数日経てばもう忘れているんでしょうね。あんたの脳みそニワトリ並み。
昨日午後はかみさんのお供でスマホのショップへ。なんでもpeypeyとyahooが連携取れないとかで。私ゃどうでも良いのですが、かみさんがyahooでスロットゲームをやっていてそのポイントがpeypeyに反映されないんだとか。結局一度yahooからログアウトして再度ログインすると連携出来たようです。このスロットゲーム、1日1回しか出来なくて当たったとしてもたったの1ポイント(1円相当)だそうです。かみさんも暇人ですなあ〜。
そんなこんなでこのスマホ、かみさんに良いように使われています。まあ元々私にはプライバシーも秘密も無いのでかまいませんが。

やっぱりボケてるtanuoさん

先日送られてきた住民税の納付書、急に税額が大きくなった事にかみさんが気付き、役場に問い合わせろと言います。
それで昨日税務課に問合わせたところ、前年度に比べ社会保険料控除が極端に小さくなっている事に気付きました。
役場の話では税務署から送られてきた資料を基に住民税を算出しているので不明点は税務署に問合わせて下さいとの事。
そう言えば今年は役場の確定申告相談会がコロナウイルスの為行われず、お初のe-taxでやったのでした。
資料を引っ張り出し見てみると、納付書には確定申告の数字がそっくりそのまま記されています。前年度の確定申告の資料(こちらは相談会で教えてもらいながら入力したもの)には正当と思われる社会保険料控除の額が入っています。そして該当の納付済額証明書には国民健康保険税納付済額と介護保険料納付済額が記入されておりどうやら介護保険料納付額のみを記入していたようです。還付金しか見ていなかったので大きな失敗を犯してしまったのです。しかしなあこんな書類みても何がどうなっているのか解りません。異常があっても素人には気付くことは出来ません。相談会なら間違っていても指摘してくれるだろうし、いやその前に間違った入力などさせません。
原因が解ったところで今度は税務署にTEL。訂正申告の申請を送って訂正するより税務署に出向いて教えて貰いながらやる方が間違いがないので相談の予約をいれました。ちょっと先になりますが7月8日の朝9時に予約。資料一式持って出かけます。さあ久しぶりに早起きしなくっちゃ。
住民税納付額への反映は税務署が訂正申告を受け付けて、その後役場に資料が送られてから。とりあえずは分割で納付期限までにド高い住民税を納付します。
税務署へ出向く旨かみさんに話すと、「きっと今年はこんな間違いがいっぱい出るわ。ところで誰のおかげで戻って来るの?」
暗に分け前をよこせと言っているのです。

先程はかみさんが固定資産税をPeyPeyで納めたようです。「〇万納めて〇円貰った。税金納めてもこれだけ返ってくるんだからね~。」
かみさんはポイ活に余念がありません。

コロナの足音

昨日午後家電が鳴りました。家電にかかってくる電話なんて何かの勧誘くらい。大抵は無視していますが、偶にまともな電話もあるので偶々取ってみました。
そしたらなんとS司の病院から。無視しなくて良かった!
聞いてみると病院併設のデイケア施設で感染者が出たとの事。短時間とは言えS司も接触したようなのでPCR検査を受けに来て下さいとの事。
暫く前には発熱があり感染を疑い家庭内隔離、すぐに熱も下がり無症状なので数日後には隔離解除。こんな事があった矢先に今回の騒動です。コロナの足音がだんだん近付いている気配です。
S司に連絡を取るとその日の内に病院へ出向き検査を受けてきたそうです。帰宅後は大事を取ってまた家庭内隔離。
翌日午前中に結果が出るとの事なので、本日聞いてみるとなんとか陰性でした。
でもねえ、PCR検査の確度自体がさして高くないのでなるべく密に接触しないようにしています。数日間様子を見てみない事には絶対大丈夫とも言えませんから。
私のワクチン接種が来週土曜日(19日)で、第二回目接種は第一回目接種日当日に2週間後に同じ施設で予約が取れる事になっているようです。
なんとかギリギリ間に合いそうですが、かみさんやS司は未だ接種券すら郵送されてきていません。持病があるので二人とも優先接種の申請は町役場の方に出してありますが。
S司は通院中の病院で優先接種が出来るかもしれないとの事。かみさんは持病が気になるので接種を見合わせようか迷っています。
私とS司がワクチン接種を受けて抗体を持ってしまえば、それが盾となりかみさんへの感染も防げるかもしれません。
いずれにしてもなんとか凌ぎきりたいものです。

ニジコトチパリハシセッペ

今日S司の留守中に宅配便が届きました。
送り主、受取人ともにS司で包装紙にはMaster's Dreamと印刷されています。
私の誕生日が近いので、プレゼントのようです。
「こんな事しなくても良いのに。」と思いながらも、私に気を使っているのが解ります。
大きさから半ダースくらいなので金額にすると2千円くらいでしょうか。その程度ならまあ良いか。
傷病手当金受領の18ヶ月が終わり、その後医者から就労可能の診断書を取付け、失業給付金申請も兼ねてハローワークでの就活を始めようとしているところです。
親からは生活費など請求される事も無く、傷病手当金は殆ど貯蓄に回っていたようです。就職してから発病前の転職まで家に居た間はかみさんに強制的に預金させられておりそこそこの貯蓄はありますが、この先親が亡くなれば何もかも自分で管理して行かなければなりません。私ならそんな無駄遣いするより何でも良いから自分に投資する方を選びます。
退院直後は資格試験に向けて勉強している時も有ったのになあ。
とは言えもうアラフォーの域に達している者に、子供に言うようなセリフも吐けません。言うべきか言わざるべきか、悩ましさに悶々とする日々です。
なんであんなに脳天気なんだろ? どうやるとあんなのんびり屋さんに育つんだろ?
私の幼少期は貧困真っただ中、お金が仇のような生活でした。そして何もかも最初から諦め、お金のかかりそうな事には予防線を張る。
自分の子供にはあんな思いはさせたくないと思い、お金に困るような生活をさせなかったのが返っていけなかったのでしょうか。何かしらの強迫観念があればもっとしっかりした人間に育っていたのかもしれません。
幸か不幸か私は幼少期の貧しさのおかげで、自立心や主体性は早くに確立出来たと思います。と言うか常に何かに恐れを感じており、身の保全の為に出来る事は早めに片付けなければおられない性格になってしまいました。出来る事を片付けてしまえば後はのんびりしていられるので、それがまた癖になってしまうんですね。
学業もそうです。無線学校の頃などは典型的な 優、優、優、可 (前期中間、前期末、後期中間が優、学年末が可)を地で行ってました。先生達も苦笑い。でも血液B型の理系には結構居るらしいです。かく言う私もB型の理系です。
これは小学校の頃からそうだったようです。その頃の通知表に書かれていた評価を今でも覚えています。
曰く、「興味のある事には驚くほど集中するがそれ以外には全く無関心。」だとか「積極的な面もあるが依頼心が強く自ら進んで取り組まないところがある。」等々。これってアスペ?

記憶力は人並みにあったので丸暗記もお手の物。中学の頃、美術や保険体育にも実技だけでなく筆記試験が加わりました。
同じクラスの?君達が法定伝染病の頭文字を並べて暗記していました。私も仲間に入れてもらいその羅列を呪文のように覚えました。最初の一語があれば病名は直ぐ出てきます。それが表題の呪文です。
(ニ)日本脳炎、(ジ)ジフテリア、(コ)コレラ、(ト)痘瘡、(チ)腸チフス、(パ)パラチフス、(リ)流行性脳脊髄膜炎、(ハ)発疹チフス、(シ)猩紅熱、(セ)赤痢、(ペ)ペスト
最後のセとペの間の促音(ッ)は言い易くする為に?君が入れたものです。
合ってるかどうかWikiで調べたら、ビンゴ。60年以上変わって無かったのですね。凄い凄い。
10年ほど前、車通勤から地下鉄通勤に切り替えた頃、傍に居合わせた女子大生らしき二人がしきりにこの病名を暗記していました。「ああ法定伝染病だな。」と解りましたが半世紀前の事なので変わっているかもと話に割って入る事はしませんでしたが、この暗記法を教えてあげれば良かったかな?
?君の暗記法はこれに限らず、美術の12色環の彩度、明度もありました。トナロロゴロロナロロロナ(10,7,6,6,5,6,6,7,6,6,6,7)とかシナハックハチロクゴーシーシニニッサ(14,7,8,9,8,6,5,4,4,2,2,3)
残念ながらこれらの度数は現在使われていないようでnetで調べても出てきません。
しかしまあえろう古い事をいつまでも覚えているもんですなあ。夕べ食ったもんも覚えていないのに。これって典型的な認知症

S司の場合記憶力はまだそこそこありそうです。特にアカデミックな内容なら得意だと思います。
最近NHKの朝ドラ、見続けています。それで気象予報士の資格でも取れば何かのお手伝いでも出来るんじゃないかと・・・。環境学研究科に長い事通っていたのですから全く無関係でも無いでしょうし。

10年点検

信号待ちで止まる。
開けっ放しの窓からの風が心地よい。
朝は青空だったのに昼過ぎにはすっかり雲が広がっている。
突然生臭い臭いが鼻を突く。辺りを見回すと特徴的な花穂に覆われた木が何本も。
そうか、もうこんな季節か。当然と言えば当然の事なのですが。
かといって窓を閉めるまでもない。暫く行けばここから逃れられるだろう。

もう少し進んだところで今度は大渋滞。栗の花の臭いからは逃れたもののこんなに混んでいるとは!
いつもと時間帯が違うとまた違った景色に出会うものなのですね。
本日いつもより遅くなったのは、午前中に家の10年点検があったから。
9時半きっかりに来てお昼近くまで。
床下に潜り防蟻処理をしたり、ベランダ2ヶ所の掃除と防水点検、その他天井裏点検や外回り等々。
これでまたこの先10年の保証が継続されます。次回は5年後に無償点検、そのまた5年後には点検と防蟻処理、ベランダの防水工事等々。
定期的にではありますがメンテ費用もバカになりません。おまけに10年毎に火災保険も更新しなければなりませんし。
来てもらったついでにリビング引き戸の戸袋の奥に挟まっていた折り紙も取って貰いました。何を隠そう、これは孫達の仕業です。
扉回りの枠があんな構造になっており、取り外しが可能だと知ったのも大きな成果です。どうやって扉を入れたのだろうと不思議に思っていたのですが、そりゃそうですね。外せなきゃ入れられる訳ありません。これで次からは自分でも出来ます。
それにしてもカスタマーセンターの方に大変な仕事をさせてしまい申し訳ございません。
そう言えば次回、新築から20年後は足場を組んで外壁の目地の工事も有ると言ってました。足場を組むとなると費用も半端じゃありません。永く住む気がないならノーメンテでも良いでしょうが、メンテさえしっかり行えば長期間気持ちよく住む事ができます。劣化に任せて建替えるよりは良いものを長く使う方が、今流行りのSDGsにも適っています。
年金生活者にはチト苦しいですが・・・。