久々DATE

本当に久しぶりのデート。
午後から夕立がありそうとの事で早めに出発。8時半に家を出ます。
田籾線で商科大を過ぎてからジブリパーク横を通りグリーンロードへ。ん?ジブリパークで良かったのかな?それともまだモリコロパーク?その前は青少年公園って呼ばれてましたなあ。
遵法闘争車に進路を阻まれながらものんびりとついて行きます。当初カーナビの到着時刻は11時半になっていましたが稲武を過ぎてからはどんどん早くなって行きます。そう言えば遅い車は居なくなっていました。
平谷の信号を右折して売木村へ。
そろそろ着く頃と思っていたら新しい道が出来ており通り過ぎてしまいました。当然ナビには載っていない道です。
大回りして反対側から到着。時刻は10時半。なんだ結局2時間で着いちゃいました。
へへっ、久しぶりの【こまどりの湯】です。
netで調べると露天風呂が出来たようで、それに釣られて来たって訳です。それにここは泉質も良いですから。我々夫婦好みの「ヌルッ、トロッ」泉質です。平谷の【ひまわりの湯】の入湯料が600円から800円に上がったようで、予算を抑える為でもあります。
早速【こまどりの湯】を堪能。ホント良いお湯ですなあ。
もひとつここのメリットがありました。空いている事です。【ひまわりの湯】と同じような泉質ながら、辺鄙な所と言う事も有りお客さんが少ないのです。かみさんは人が多いのを極端に嫌がります。左胸の手術痕を気にすると言うより、バランスを取りながら辛うじて歩いている状態なので人と接触するとバランスを崩し転倒してしまう為かと思います。浴槽に入るにも手摺に掴まってでないといけないものですから。
それでも今日は「混んでて露天風呂に入れなかった。」と悔しがっていました。

温泉を楽しんだ後は根羽村まで戻り、いつも通り富久家さんへ。そしてまたいつも通りの鮎塩焼き定食。
毎度の事ながら30分ほど待たされますが、生簀から上げたものを焼いている為。観光簗なんて予め焼いてあるものをレンチンして温めるだけですから皮がベチャッとしています。それに触っても火傷するほど熱くもありません。
そんなものとは違い、ここのは味、食感ともに格別です。おまけにここのは蓼酢も付いています。蓼酢付けてくれるところって少ないですね。塩焼きにはこの蓼酢がよく合います。
あ~旨かった。そう言えば鮎も今年初めてです。例年なら6月の解禁に合わせて食べるのが習わしだったのに。
かみさんも上機嫌です。温泉でも上機嫌、鮎でも上機嫌。最近厄介事ばかりだったので好い気分転換になりました。
会計を済ませ外を見ると物凄い土砂降り。「えっ、いつの間に?」
するとお店の小母ちゃん(我々より年上かと思います。)が傘を出し車まで付いてきてくれると言います。お言葉に甘える事としました。年数回しか来なくても、もう何年も通っているので顔も覚えられているようです。「小母ちゃん有難う。」
土砂降りの中を稲武に向けて走ります。暫く行くと小降りに。そして稲武に着く頃にはすっかり好天に。
稲武の道の駅でかみさんはあらびきウインナを食します。天気も良いので外で食べてもらいます。寒い季節は車の中で食べて脂は落とすし匂いは染みつくし、堪ったものではありませんが今日はそれが防げました。
足助の追分交差点を過ぎたところの自然薯のお店に寄り豆腐を御用達。ここって【ぐっさん家】や東海TVの朝番で高井一さんの【はじめまして】で取り上げられたところです。偶にはTVだけでなくリアル店舗も宜しいかと。
そして最後はやはり大井橋の福岡屋。水まんじゅう、蕨餅、大福を御用達。
帰宅後は冷たい緑茶と共に。
あ~、好い一日でした。ホント久しぶりのデートでした。