S司お引っ越し

S司は前日の夜行バスで出発。我々は荷物満載のA5で早朝6時に出発。

新東名は快適です。途中足柄SAで朝食休憩を取っても10時前に引越し先に到着。S司にTELすると不動産屋さんで書類や鍵を受け取り11時に最寄りの駅に着くとの事。その間我々は駅周辺や近所の偵察。主だった施設等の下調べ。

その後かみさんを新居前に降ろし駅までS司のお迎え。リアシートまで荷物がいっぱいで3人は乗れないものですから。

そして新居へ荷物の搬入。片付けものなどをしたあと早めに帰途に就きます。首都高に乗ってしまうとガソリンスタンドが無いので入る前に入れようとキョロキョロしながら行きます。対向車線側にGS発見。通り過ぎてから一旦右折し対向車線に戻り給油。再度向きを変えなければならないのでまた右折し暫く走ってからまた右折。すると、いきなりサイレンの音。

後にパトカーが居たのでやり過ごそうと左に寄って停車。追い越していかないので再度発進すると「名古屋ナンバーの〇〇云々。」

「えっ、私の事?」再度停車するとお巡りさんが降りて来て、「先程の信号は今の時間帯は右折禁止です。」

標識も道路標示もあったかどうか全く気付きませんでしたがそう言うのならそうなのでしょう。ごねてみてもどうせあちらは点数稼ぎ、他府県ナンバーのお得意さんとでも思っているのが見え見えです。

そして反則切符を切られ7,000円の振込用紙を渡されました。さよならゴールド。いや次回の更新まではまだ金色です。任意保険のゴールド割りがその後暫くなくなるのが痛手です。かみさんのゴールドが復活したら記名運転者をかみさんにまた変えるか。

元の道に戻り暫く行くと左側にGSがありました。それも立て続けに2箇所。向きなんて変えなきゃ良かった。いや、くよくよ引き摺るのはよくありません、さっさと忘れちゃいましょ。

首都高を抜け東名へ。往路に比べ復路は混んでいます。その遅れを取り戻そうとして空いたところでオービスに掴まったりしたら踏んだり蹴ったりです。ここはそうならないように慎重に慎重に。

御殿場辺りで富士山が見えるかと思いましたが完全に雲の中。往路では静岡辺りからシルエット富士山が見えていたんですがねえ。まあこの季節山頂の雪もないので綺麗な富士山を期待する事自体が間違ってますね。

お昼も摂ってなかったので小腹が空きました。駿河湾沼津SAで軽食を摂ります。メインは浜松SAのうな丼なのでここは控えておきます。

新東名をひた走りますが遅いバスが右車線を塞いでいます。バスが左に入ってもその後ろの車が同じようなペースで追い越し車線を塞いでいます。開通当初に比べ新東名も随分ペースが遅くなりました。往路は日曜の早朝って事で車が少なかったのかな?

のんびりトロトロペースで次は浜松SA。Netの下調べでここの下り車線側に鰻屋さんがある事を確認してあります。お味はきっと大したことはないだろうと思いますが。

はたしてそのお味は? 見た目鰻の身は分厚いですがこれって余分な脂を抜いてないだけだと思われます。そして口に含むと、余分な脂の生臭さが少し感じられます。焼きでもあまり脂を落としていないようで身がブヨブヨです。カリッとした表面なんてどこにもありません。それでも税込み1,609円ならまあリーズナブル? 鰻の大きさからするとまあリーズナブルと言っても良いのかもしれません。でもねえ、あの食感、我々には次は絶対にあり得ません。倍払ってもやはり【うな川】にします。

かみさんは口直しに岡崎SAのコロッケが食べたいと言います。それでまた岡崎SAへ。下り車線からは上り車線側の施設まですごく遠回りしながら行きます。折角来た岡崎SA,ここのコロッケも店舗が変わったのかちっとも旨くないと言います。こんなことなら三島コロッケの方が良かったかな?お値段も若干お安いし。

なんだか物足りない東京行きでした。さあ家に帰って昨日のP.P.の誕生ケーキでも食べよ~っと。

走行距離 730㎞

ガソリン消費量 54.5L

燃費 13.4㎞/L

往路重い荷物を運んだのが、いまいち燃費が良くならなっかた原因かな?

反則金も明日早速振込んでおきましょ。